NEWS

  • page1
  • page2
  • page3

6.13.sat XLARGE×PLAYBOY

1953年、アメリカ・シカゴにて創刊されたライフスタイルマガジン「PLAYBOY(プレイボーイ)」。
同誌を象徴するアイコン「ラビットヘッド」は、今やファッション、ライフスタイルなど様々なカテゴリーにおいて米ポップカルチャーを代表するアイコンとなっている。

前シーズンに続き、XLARGE 2020 SUMMER COLLECTIONでは、1990年代から2000年以降にかけて発刊された同誌の表紙をコラージュした総柄マテリアルを使用したオープンカラーシャツやイージーパンツ、ハットがコレクションを彩る。
さらに、ラビットヘッドのモチーフやPLAYBOYらしいしなやかな曲線を描く女性が印象的な表紙デザインをプリントで落とし込んだTシャツを展開。

日本国内のXLARGE、XLARGE/X-girl店舗(※アウトレットを除く)、オフィシャルオンラインストア「calif」「ZOZOTOWN」にて、6月13日(土)発売決定。


オフィシャルオンラインストア
>>>calif
>>>ZOZOTOWN


XLARGE×PLAYBOY ALLOVER PRINT S/S SHIRT
MULTI,BLACK / S,M,L,XL / ¥13,000+TAX

XLARGE×PLAYBOY ALLOVER PRINT EASY PANTS
MULTI,BLACK / S,M,L,XL / ¥12,000+TAX

XLARGE×PLAYBOY ALLOVER PRINT HAT
MULTI ,BLACK / M,L /¥5,500+TAX

XLARGE×PLAYBOY PATCHED S/S TEE GIRL
WHITE,BLACK / S,M,L,XL / ¥5,500+TAX

XLARGE×PLAYBOY PATCHED S/S TEE BUNNY
WHITE,BLACK / S,M,L,XL / ¥5,500+TAX

PLAYBOY
1953年、アメリカ・シカゴにて、ヒュー・ヘフナーらによって創刊されたライフスタイルマガジン。
創刊当初にデザインされた「ラビットヘッド(タキシードに蝶ネクタイをつけたウサギの横顔)」は、ユーモアとセクシーさのシンボル。
半世紀以上を経た現在もなお、世界で最も有名なロゴマークのひとつとして、「ラビット」は若々しく輝き続ける。