NEWS

6.12.sat XLARGE×RIUSUKE FUKAHORI

金魚絵師「深堀隆介」とのコラボレーション第二弾

金魚の持つ神秘に魅了され、創作を続ける「深堀隆介」。
透明樹脂にアクリル絵具で描くという斬新な手法で注目を集める若手現代美術家である。

2020年8月開催の展覧会で発売した第一弾に続き、今季は、鮮やかな虹色の金魚の総柄と、「鱗(うろこ)」を表現した総柄アイテムが登場し、Tシャツ、開襟シャツ2種、キャップを揃えたカプセルコレクションを展開する。

日本国内のXLARGE、XLARGE/X-girl全店舗(※アウトレット店舗除く)と、オンラインストア「calif」「ZOZOTOWN」にて、6月12日(土)より発売開始。



オフィシャルオンラインストア
>>>calif
>>>ZOZOTOWN




S/S TEE KINGYO SKIN SLANTED OG
WHITE,BLACK,RED / S,M,L,XL / ¥6,050(IN TAX)



S/S TEE KINGYO STANDARD LOGO
WHITE,BLACK / S,M,L,XL / ¥6,050(IN TAX)


S/S KINGYO SKIN SHIRT
RED,LtGREEN / S,M,L,XL / ¥14,300(IN TAX)


S/S KINGYO SHIRT
WHITE,BLACK / S,M,L,XL / ¥14,300(IN TAX)


KINGYO SKIN CAMP CAP
LtGREEN,RED / ONE SIZE / ¥5,500(IN TAX)


KINGYO SKIN iPhone11 / XR CASE
LtGREEN,RED / ONE SIZE / ¥3,850(IN TAX)


KINGYO iPhone11 / XR CASE
WHITE,BLACK / ONE SIZE / ¥3,850(IN TAX)


深堀隆介
1973年、愛知県生まれ。2000年、制作に行き詰まり、アーティストを辞めようとした時、7年間粗末に飼っていた金魚に魅了され、金魚をテーマとしたアート作品に取り組みだす。描かれた金魚は、まるで生きているかのような圧倒的な立体感で見る者を魅了し、その躍動感を伴うリアリティは平面である絵画作品と立体作品の境界に揺さぶりをかける革命的絵画-2.5D Painting-と言える。現在、活動の場は美術館やギャラリーでの個展にとどまらず、パフォーマンスやワークショップ・アパレル関連など多岐にわたる。また、ニューヨーク、ロンドン、ミュンヘンなど海外でも個展を開催し、高い評価を受けている。現在、深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」を開催中。~6/13まで、岩手県立美術館。その後、7/24~8/29高知県立美術館、9/11~11/7神戸ファッション美術館へ巡回。
>>>http://goldfishing.info